LAMY Safari Roller Ballと魔改造SARASAリフィル

Safariは前から欲しかったんだけど左利きなので万年筆はちょっと使いづらくて,ボールペンならいいかな?と考えたけどインクがどうもあまり評判がよろしくなく,また,リフィルのコストと入手性についても問題があった為,しばらく購入は見送ってましたんですが,ここの記事を読んですぐにAmazonでポチりました.なんと,ちょっと改造したらSARASAのリフィルが使える!!!!僕はSARASAは引っ掛かりの無い滑らかな書き心地と,入手性の良さ,豊富なバリエーション,それにコスパも優れている最高のボールペンだと思っていて,筆箱の中に各色各径計10本以上入れて常日頃から愛用しております.そんなSARASAのリフィルをあのLAMY Safariでも使えるなんて,なんとも素晴らしい...

昨日届きました.




箱は厚手のしっかりとした紙でできてました.





ボールペン本体.金型の合わせのラインを目立たないようにエッジに添わせていて高級感が出てます.





グリップ.ラバー素材ではないけど,指との接触面が広くて疲れません.

早速リフィルを交換




右が純正リフィルで左がSARASAのリフィル(改造済).
SARASAのリフィルはそのままでは純正よりも5mm程度短く,先端部分の寸法も若干違うため,Safariに入れた際に先端部分が十分に外に出ないのでの記事をヒントに2箇所ほど改造.

  • 使い終わったSARASAリフィルを切って6mm程度のスペーサーを作り(長めに切って要調節),リフィルに移植して長さを延長
  • 先端部分の段を斜めにカットしてテーパーに(適当)

スペーサーは何度も使いまわせるので,リフィル交換時には2つ目の先端をテーパーにする作業だけ行えば大丈夫みたいです.
なお,スペーサーは上手くペンの中に入れないと変な向きで詰まって取れなくなるので,リフィルに直接テープで取り付けた方が良いと思います(体験談).

書き心地も見た目もステキ!