読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My First Game Jam: Summer Editionに参加した

 久しぶりにゲームジャムやりたいなと思ってIndie Game Jamsを眺めていたら,My First Game Jamっていう初心者向けのゆるそうなイベントを見つけたので参加してきた.

itch.io

 自分は以前にGlobal Game Jamに参加したこと(参照)があるので"My First Game Jam"ってわけじゃないんだけど,今回使ったprocessingでゲームを作るのは始めてだったのでまあ初心者ってことで.

My First Game Jamとは

  • 初心者向けのゲームジャム
  • ルールはかなりゆるい
  • 期間は2週間
  • 一人で開発してもよし,チームを組んでもよし
  • 普通のゲームジャムと同様,開催直後に発表されるテーマに沿って開発する.

開催までの色々

 一人で作るのも寂しかったので,普段から素晴らしい楽曲を書いているOtObOx先生をサウンド回り担当として誘った.「やる?」「やる」的な二つ返事でコトが進んだ記憶がある.フットワークが軽くて素敵だと思う.というわけで,自分がプログラミングとグラフィック担当,OtObOx先生がサウンド担当って感じでチームが決まった.

開催後前半

 どんなゲームを作っていくか,SlackとTeamSpeak3で作戦を練った.今回発表されたテーマは"a spin on a popular story/myth".スピンオンってなんだ.ググりまくった記憶がある.とりあえず日本の昔話系をリストアップした.自分はゲーム作りやすそうだったので因幡の白うさぎをゴリ押しした気がする.サメから落ちたらゲームオーバーみたいな.最終的に竹取物語ベースのシューティングを作ることになった.この時はまだ,月からの使者を迎撃する普通のインベーダ的なゲームを想定していたのであった...

開催後後半

 1週間が経過した.「そろそろつくろっか.まあ1週間もあれば余裕っしょ.ハンデハンデ笑」という気持ちで開発が始まった.とりあえず2日間ぽちぽちドットを打ち,もくもくコードを書いて叩き台が完成.設計や実装の美しさを無視した,とりあえず動けばいいコードを乱暴に書き上げていく作業は,背徳感とスピード感があってとても気持ちが良かった.あとは楽曲や効果音を組み込みつつ,難易度を下げる方向に調整していった.

 最終日は,時間ギリギリまでテストプレイのフィードバックでクオリティを上げていく作業をした.朝ごはんとして温めた角煮肉まんを電子レンジから取り出す暇が無いほどエクストリームだった.(テスターのみなさんありがとうございました!)13時の提出直前は,バージョンを一つ戻すかどうかで決断を迫られる体験ができた.git rebaseのコマンドをド忘れして激焦った.提出も,イベントのページと別でアカウントが管理されている都合,無事にアップロードできてるのか分からなくて激ヤバだった.

 最後は,すっかり冷えきった角煮肉まんをもう一度レンチンしなおして笑顔でおいしく頂けたのでよかった.

できあがったもの

f:id:ttata:20160817153702p:plain

tanitta.itch.io

github.com

 月から地球にやってくる使者のウサギから,かぐや姫を守るシューティングゲーム.前半1週間でOtObOx先生が「弓飛ばそう弓」と言ってた気がするが,実際に実装されたのは,タケヤリにロケットブースタをポン付けした星間ミサイルと,それに作用する重力場であった.射出後に加速するタケヤリミサイルを地球の軌道に上手く乗せて,飛来するウサギを迎撃していく.真上に打ち上げるだけだと,重力が作用してすぐに落下してしまうため慣れが必要.また,タケヤリの残弾数は地上のタケを刈り取ることで回復できる.WindowsLinux対応.(Macは適当にprocessingでビルドして動かして下さい.)なお,開発途中で名前が"taketori war"から"taketori wars"に変わったため,表記ゆれが非常に激しい.あとdision氏のスコアがオーバーフローしたプレイ動画乗せておきます.

www.youtube.com

得られた知見

  • 相手の作業風景を直接見れないのでリモート難しい.くだらない内容でも良いので連絡をこまめにとると,お互いの開発状況がなんとなくわかって安心.
  • 少ないメンバーで迅速な意思決定ができたのでよかった.多くても3人とかがよさ気?
  • 実際に作業する人手が不足している.自分がプログラミングとグラフィック両方やるのはちょっと厳しい.どちらかできる人がもう一人いれば....
  • ゲームの難易度は,開発者自身が実装の過程で慣れてしまうため,調整が難しい.自分が思っている以上に下げる,あるいはコアメンバ以外の人にテストプレイをしてもらう必要がある.
  • 爆発エフェクトは白黒の点滅を入れると視覚的に威力が上がる.
  • 適当なバネモデルで画面を揺らすと激しい肌触りになる.
  • 早めの提出